水素水は健康・美容・ダイエットにと大活躍!!

2018年6月13日  今日は、私たち夫婦の結婚近年日です!

今日は、私たち夫婦の25回目の結婚記念日です。一般のお家なら銀婚式を家族みんなで祝って貰えるのでしょうが、私のお家は、少し事情が違っています。

 

今年は、25年目の銀婚式でもありながら、満60歳の還暦でもあります。しかし、現在、私の家族は、ばらばらに暮らしています。私は・・・というと単身赴任で神戸市須磨区で単身赴任生活を送っていますし、子供は、2人一緒のお部屋で暮らしているのですが、上は、尼崎でOLをやっています。毎日、神戸市東灘区の住吉と言うところから尼崎市立花町まで通っています。二女は、まだ、大学生で姉と同じところで暮らしながら、神戸の女子大学に通っています。なので、当然、私のお家には妻とみゃーと言うネコだけが暮らしています。

 

そんな状況なので、還暦や結婚記念日を祝って貰えるような状況ではありません。とにかく二女が大学を卒業するまでは、こんな生活が続くんでしょうね?

 

私の仕事には、定年はありませんから自分さえ元気でいれば70歳でも80歳でも働くことは出来ます。しかし、私は、大学を卒業していない(専門学校卒業)ので、歳は上でも仕事では、一番下っ端です。仕事の経験も今の業界に入ってまだ2年目なので、なかなか仕事も覚えられず、毎日、怒られたり、文句ばかりの日々が続いています。

 

実は、今日も面白くないことがありました。当然知っていなければならないことを私がわからなかったため、上司から小言を延々と言われ、気分がむしゃくしゃしたまま、帰ってきました。この日記を書いている最中も面白くない気分でいっぱいです。

 

この日記に面白くない気持ちをぶつけたら少しはすっきりするかも・・・と思いながら日記を書いています。せめて夜くらいは、気持ちよく眠りたいから・・・


2018年6月14日  今日は、現場の立会に行ってきました。

今日は、仕事で現場の立会に行ってきました。神戸という大都市にいるのですが、私たちが立会に行く先は、六甲山の山の中です。今日も西六甲出張所管内維持作業と言う仕事で高取山の登山道の清掃作業完了の立会に行ってきました。

 

写真は、登山道の法面からちょっとずつ土砂が崩れ落ち、グリーンネットの裏にいっぱいの土砂が堆積したものを人力により、一輪車で運んで綺麗にした後のものです。地元の人や登山中のお客さんから「綺麗になったね〜」と言っていただいてとってもすがすがしい気持ちになりました。こういった仕事は、みんながいやがる3K(きつい、汚い、危険)の仕事なので、最近ではなかなかやって貰える作業員さんがいません。それでも業者さんがなんとかかき集め、一生懸命清掃を行ってくれたので、こんなに綺麗になったんです。本当に有り難いことです。

 

私も兵庫県内で生まれ育った人間なのですが、神戸というともっとファッショナブルで洗練された大都市というイメージがあったのですが、こういう作業を経験すると、「神戸の人って凄いところに住んでいるんだな〜」と思い、港町神戸のイメージがかなり変わってきました。浜側と山側ではこんなにも違うんだな〜と感心してしまいました。

 

神戸は、岡本に代表されるように山手の方が人気があるようですが、実際に山手(と言うより山側)と言われる所に行ってみて「よう、こんなところで生活しているな〜」と思ってしまいました。凄い急な坂を登っていかないと家に帰れないんです。そんな山の上に凄く大きなマンションが建っていたりします。私の住んでいる日本海側は、冬になると1.0m以上の雪が積もりますので、そんなところに車では絶対に帰れませんし、朝の通勤の時には、車はたぶんどこまでもスリップしてしまいそうですね。雪がなくても本当に車で上れるんだろうかと思ってしまいます。

 

そんな神戸とこれから2年間、お付き合いしなければなりません。悪口ばかり書いていると神戸の人に怒られてしまいそうなので、今日はこの辺で終わりにします。

 

明日は、工事現場での事故のバーチャルリアリティー体験です。結果をまた、報告します。

 


2018.06.15 今日は、土木工事現場のVR体験に行ってきました!

任天堂のゲームでVRと言うものは知っていましたが、自分で実際に体験してみると凄いです。思わず叫んでしまいます。体が揺れてしまいます。手に汗を握ってしまいます。

 

私の場合、土木の現場での事故体験をしてきたわけですが、事故を起こして死ぬ時ってこんな気持ちなのか〜と実際に死ぬときの気持ちがわかったというか、こんなに痛いのか〜、こんなに高いのか〜など事故を起こした人間の気持ちがよくわかりました。事故を起こした人は、死ぬか大けがをしていますので、その大変さをなかなか他人に伝えることが出来ません。

 

しかし、VR体験というのは、その大変さを実際というかバーチャルの世界で体験することが出来てしまうんです。よく、任天堂のVR体験ゲームで高いところの足場を歩いているコマーシャルを見かけ、「大袈裟だな〜」と思っていましたが、決してそんなことはありません。私は、死にそうになって何回叫んだことか・・・本当に怖いです。

 

今日は、5つのVR体験をさせていただきましたが、どれも本当に自分が死ぬときの恐怖を味わわせてくれました。乗り物の運転をしている体験では、乗り物酔いして気持ち悪くてたまりませんでしたし、立った状態で体験したので電車に吊り革を持たずに乗ったときのようにあちこちに揺られてしまい、立っていられませんでした。

 

建設業界は、3K(きつい、汚い、危険)と言ってなかなか、今の若い人は、寄りついてくれませんが、私は、この建設業界に今現在、40年間携わってきました。そのほとんどが、現場監督さんとして現場の管理を行っていました。今時の人にすれば、何が楽しくてそんな世界にいるのかわからないと言われそうですが、私にとってこの40年は、本当に有意義な40年間でした。現場ができあがったときのなんともいえない達成感・・・。そのできあがったものが実際に地図に残って行きますし、多くの人に喜んで貰えます。この喜びは、実際に体験した人にしかわからないでしょう・・・

 

今の建設業界は、北は東北の大震災、南は熊本の大震災、東京では、2020年東京オリンピックの建設ラッシュと大変な人手不足状態です。これに加えて大阪万博が実現すれば、建設業界は、人手不足と言うよりパニック状態に陥ってしまうでしょう。IT業界なんかで若い人が多く成功しているように建設業界にもそんな人が現れて貰えないものでしょうか・・・

 

私は今年、還暦を迎えてしまったので、全くそんな気力はありませんが、若い人で建設業界で頑張ってやろ〜と言う人はいないものでしょうか・・・

 


2018.06.16  今日は、私の会社の会議と飲み会がありました。

今日は、土曜日、お役所はお休みなので私もお休みです。と言うことで、いつもよりゆっくり起きて朝ご飯を食べて私の会社の会議と飲み会に出席してきました。

 

左の写真は、その写真ではありません。カメラは持って行ったのですが、食べる方に一生懸命になってしまい、結局、飲み会状況の写真を撮り忘れてしまいました。仕方が無いのでネットで適当な写真を探してきました。

 

会議の内容は、いつもと同じ「仕事がとれない。お金が下がる。人がいない。」の三本柱です。私たちのコンサル業もやはり土木の一部なので、若い人材が入ってきてくれません。若い人がほしい役所と毎年平均年齢が上がっていく私たちの会社・・・仕事を取るコンサル会社も役所と同じく若い人材を求めてきますので、私たちの会社とどうしても軋轢が起きてしまいます。

 

仕事もたたき合いで安く取ってきますので、当然、私たちに回ってくるお金も年々下がっていきます。若い人ばかりではなく、私と同年代の人でさえ、なかなかこの業界に入ってくれませんので、人手不足は深刻な状況です。

 

役所からは、若くて、やる気のある、体力的にも元気な若者が求められます。少々、無理をしてもへこたれない人材を求めているようですが、近年、そんな若者を見つけ出すのは至難の業です。結局、そのツケが私たちに回ってくるので、月80〜100時間、年間1000時間以上の残業を求められてしまいます。還暦を過ぎてからそんな無理をしてまで働きたくはないのですが、無趣味な私は、直ぐにボケてしまいそうなのと下の娘がまだ大学三年なのでなんとか卒業するまでは・・・と思い、働いています。

 

今、仕事をやめたらボケるのもそうですが、あまり体を動かすことが得意ではない私は、いろいろな病気が吹き出してきそうです。それでなくても今でも6つくらいの病気を抱えています。抱えていますが、一切、薬は飲んでいません。すべて、還元型水素水を飲むことで押さえ込んでいます。

 

よく、フラシーボ効果で病気が治った様に言われますが、それはそれで私は良いと思っています。還元型水素水を飲み続けることで実際に私の病気は押さえ込まれているのですから・・・思い込みだろうとなんだろうと実際に病気が吹き出していない野ですから・・・

 

飲み会の話が、いつの間にか水素水の話になってしまいました。申し訳ありません。今日は、この辺にしておきます。


2018.06.17 今日は梅雨の貴重な晴れ間なので、車のお掃除!

今日は、日曜日。梅雨の貴重な晴れ間です。来週からはず〜っと雨の予報。車を綺麗にするチャンスです。洗車してワックスがけして、車内を掃除して綺麗にしました。

 

私のフィットは、2013年2月に発売されたものです。去年の11月に3年半落ちで購入しました。来年の2月が2回目の車検です。

 

私は、なんの趣味もありませんが、車だけは大好きなんです。どんな車だろうといつもぴかぴかに磨き上げてのんびりとドライブするのが、とても好きなので、フィットを買ってからまだ7ヶ月ほどしか経っていませんが、もう20,000km走ってしまいました。

 

車が好きなのでフィットで私の生涯車購入は、19台目になりました。総走行距離は、すべて合計してみると、2,000,000kmを優に超えています。燃料代やオイル交換、ワックスなどなど車にかけてきたお金は、何千万でしょうね。それでも車を買うときには、納車までが待ち遠しくて還暦になった今でもわくわくしてしまいます。それが、新車であろうと中古車であろうと関係ありません。

 

生涯で一番困った車が、チェロキースポーツでした。とにかく燃料を良く食ってくれますので、維持費が大変でした。それも、ガソリンはハイオク仕様でしたので、燃料を一回入れれば、簡単に一万円が飛んでいっていました。故障も良くしましたので、結局、1年間乗って手放してしまいました。

 

若い頃から車で走るのが好きなので、3年乗ったらだいたいの車が120,000〜130,000km走っていました。バブルの頃は、3年ごとに新車にしていました。それでも走行距離が100,000kmを超えてしまっているので、下取りは安くたたかれてしまいました。バブルが崩壊し、最初に買った車が、ビッグホーンだったのですが、この車は、かなり気に入っていたのとイスズが乗用車部門から撤退してしまったのもあって300,000km乗ってしまいました。確か9年くらい乗っていたと思います。エンジンはなんともなかったのですが、平成16年の台風21号で大荒れになり、夜遅く帰る途中に道路の真ん中に大きな穴が開いていて、全く見えずに車ごとその穴に落ちてしまい、パーにしてしまいました。

 

明日からは、当分雨です。車を磨くことが出来ません。私にとってストレスがたまる時です。梅雨が明けるのは、いつも7月20日頃です。それまで車を磨けないのは面白くありませんね。


2018.06.18  今日の地震は凄かったですね〜。

今日の大阪、高槻を震源とする地震は、凄かったです。私は神戸の須磨区というところで働いていますが、いつも通り、朝、7:30に職場について仕事を始めていたんです。急にスマホから緊急通知があり、同時に事務所全体が横揺れしました。神戸の西の端でもかなり揺れたんですから、高槻は大変なものだったのは、容易に想像がつきます。

 

私の上の娘は、今年で24歳なんですが、24年前の生まれて半年経ったときに神戸の大震災を経験しています。と言っても私は、新温泉町なので、経験したのは、やっぱり震度4程度の地震なのですが、そのときは、寝ている横に置いてあった洋服ダンスが倒れそうになり、飛び起きて洋服ダンスを押さえたのを覚えています。もう少し、揺れが大きかったら親子3人無事ではいられなかったと思います。

 

阪神高速、鉄道が麻痺してしまいましたので、神戸市内は、凄い渋滞でした。現場に行く予定だったのですが、全く、たどり着くことが出来ませんでした。仕事どころか、地震情報の収集で一日が終わってしまいました。

 

千葉や栃木、広島の方でも最近、地震が頻繁に起きています。いよいよ、南海大地震がやってくる予兆の様な気がして怖くてたまりません。しかし、小さい地震がたくさん起きることで蓄積されたエネルギーを放出してくれれば、案外、大きな地震は来ないかもしれません。でも、小さいと言っても震度5や6の地震だとやっぱり大きな被害が出てしまうんでしょうね。

 

私は、40年前、土木の専門学校を卒業するときに大陸プレート型地震の発生メカニズムについて論文を書いたのを覚えています。その頃から東海大地震が30年以内に起きると言われていましたが、東海ではなく、神戸、東北、九州と離れたところばかりに大きな地震が発生しています。なんにしても日本海溝(南海トラフ)は日本の北の端から南の端まで続いていますので、どこで大きな地震が起きても不思議ではないんですが・・・

 

予想しているところとは全く違う、突飛な所ばかりで大きな地震が起きています。日本のどこにいても大きな地震に見舞われる可能性はあります。しかし、2020年の東京オリンピックの時には、なんとか発生品で欲しいものです。私だけだと思いますが、どうもその頃に関東大震災級の地震が起こりそうな気がして仕方ありません。


2018.06.19  今日は、カツカ谷堰堤(その2)工事現場に行ってきました。

今日は、カツカ谷堰堤(その2)工事現場に行ってきました。この現場は、株本建設工業株式会社と言うところが施工しています。実は、この会社は、13年前まで私が所属していた会社なんです。26年間勤めた会社をちょっとした失敗で辞める羽目になってしまったのです。しかし、そのおかげで現在の仕事に就くことが出来たのも事実です。

 

現場監督さんは、私の実家のお隣さんでとてもよく知っている人です。懐かしくなってしまい、こんなことを言ってはだめなのでしょうが、しょっちゅうこの現場に顔を出しています。

 

実は、昨日、現場の立会に行く予定だったのですが、昨日の地震で道路が渋滞してしまい、行けなかったのと、情報の収集をするために事務所に張り付く羽目になり、行くことが出来なかったので、今日、現場に行きました。

 

現場では、堰堤の出来形と言って図面通りに堰堤が出来ているか、巻尺や光波測定器、レベルなどを使用して測量したりします。また、堰堤はすべてコンクリートで出来ていますので、コンクリートの強度が設計基準通りのものになっているか確認したりします。検査の結果、両方とも満足した値が出ていましたので安心しました。

 

今は、コンクリートの品質もとても良くなり、強度が出なかったり、ひび割れが起きたりすることがとても少なくなりました。昔は、時間が経ってコンクリートが固まってくると現場で水を加えて柔らかくすることなんて当たり前でやっていました。当然、コンクリートの強度は出ませんし、急激に乾燥するのでひび割れも多く発生してしまいます。ですが、今回の立会で強度が出なかったことは全くありませんし、高さ、位置、長さも図面通りに出来ていて安心しています。流石、株本建設工業株式会社、私のお隣さんです。

 

良くテレビで中国の土木現場や建築現場を放映していますが、今の日本の技術から見れば信じられないようなことをやったり、危険なことをやったりしています。本当か嘘かよくわかりませんが、中国では、賄賂が横行していて現場の経費が現場のために使われず、賄賂として渡されているということを良く耳にします。実際にテレビで見る現場は、本当に危険生まま放置されたり、無くてはならないボルト、ナットがなかったりします。今の日本の技術から考えれば、信じられないことです。

 

日本の土木技術、建築技術、安全など何をとっても世界に誇れる技術なんでしょうね。


2018.06.20 大阪地震を受けて事務所の塀を点検。

今日は、大阪高槻の地震を受けて国土交通省すべての事務所の塀の点検です。私が所属しているところは、近畿地方整備局 六甲治山事務所 西六甲出張所と言うところです。事務所の場所は、須磨区の須磨離宮の下、阪神高速の月見山入り口の直ぐそばにあります。この事務所は、コンクリートのブロック塀というものは、ありません。ネットフェンスと言ってステンレス製の網で出来たブロック塀のように倒れるものではありません。

 

しかし、隣を通っている里道というか狭い道があるのですが、この道沿いには、ブロックで土留めを作り、そのてっぺんまで土を盛っています。その上にネットフェンスが作られているのですが、やっぱり、土圧でブロックが倒れてしまっています。それに引っ張られるようにネットフェンスも倒れています。しかし、それは今回の地震が原因ではありません。ブロックで作った土留めが問題なんです。

 

 

上の図のように水色の部分が、ブロック塀で作られた土留めです。土木の世界では土留めを行う場合は、下図のような擁壁というものをコンクリートで作成しますので、まず、倒れることはありません。

 

 

今回の場合、ブロックで出来た土留めは、よく調べてみると国土交通省の用地ではなく、市道になっているようです。国土交通省の持ち物なら直ぐにでも直さなくてはならない物件ですが、神戸市のものなので触ることが出来ません。これから先、神戸市と十分な協議を行って新しくコンクリート擁壁で土留めを作成するべきでしょうね。


2018.06.21  今日の仕事は、各現場の打ち合わせばかりでした。

左の写真は、ちょっとカッコ良すぎる打ち合わせ状況ですが、今日の私は、一日中、こんな感じでした。現在、西六甲出張所管内の現場数は、8つです。その8つの現場に1時間ずつの時間を与え、各現場の進捗状況、問題点、今後の課題などについて打ち合わせを行いました。

 

何も問題が無いと思っていた現場でもこうやって時間を割いて打ち合わせを行うとやっぱり、問題点や今まで見えなかったことが見えてきます。すべての現場でいろんな問題が吹き出してきて急遽、明日、六甲砂防事務所の方で係長、課長を交えて打ち合わせを行うことになりました。私は、他の現場の立会があり、行けませんが、問題がうまく解決してくれれば有り難いです。

 

今年の出張所長は、私にとってとても嫌な奴で、時として「殴ってやろうか」と思うときがあります。しかし、仕事の実力は認めます。去年の所長のように何でも問題を抱え込んで長い間手を出さずにぎりぎりになって業者とケンカ状態で仕事を押しつける様なことはありません。去年はASP上に業者から上がってくる書類が常に100〜150ありました。毎日毎日、来る日も来る日も、この書類を片付けることに一生懸命で一年間で1000時間以上の残業をやってしまいました。残業代は貰えませんが・・・

 

しかし、今年の所長は、ASPの書類が止まると言うことがありません。常に動いている状態ですべての現場に目が届いています。おかげで残業をすることがなくなりましたが、その代わり、仕事の好きな所長で遅くまで事務所にいますので、私たちも早く帰ることが出来ません。特にこれと言ってやらなければならないことはないのですが、7時頃まで毎日お付き合いをしています。所長は、仕事が好きすぎて事務所に泊まり込むことが良くあります。朝、事務所に行ってびっくりすることがしょっちゅうです。

 

しかし、私とはどうも馬が合わないようです。なので、私はもう一人の現場技術員を通じて所長の話を聞くことにしました。直接所長とは話さないことにしました。そうすることで今までのように文句を言われることが少なくなりました。


2018.06.22 今日は新温泉町を紹介します。

今日は、私の地元、ゆむら温泉を紹介します。上の写真は、ゆむら温泉の湯元「荒湯」です。泉源は98℃という高温です。地元の人はこれを利用してゼンマイやワラビ、タケノコをゆでたりゆで卵を作ったりします。これがゆむら温泉では春の風物詩になっています。

 

写真のように現在では足湯を楽しむ人が多くいます。贅沢に足湯は源泉の掛け流しです。98℃なので直接流すことは出来ませんが、流れている春来川の水で温度調節して流していますので最高なんでしょうね。写真は、土曜日の午後に撮影したものですが、多くの人で賑わっています。

 

ゆむら温泉と言えば但馬牛が有名ですが、本当においしいお肉を提供してくれるお店を何軒かご紹介しようと思います。

上の写真は、新温泉町農協が運営しているお店なのですが、お肉はA5ランクの但馬牛まで扱っていますので、ステーキにしても焼き肉にしてもすき焼き、しゃぶしゃぶにしてもとても柔らかくおいしくいただくことが出来ます。また、ここの焼き肉のたれが最高です。但馬牛の本当のうまさを引き出してくれる焼き肉のたれです。私の家ではここのたれ以外、おいしくないので使用することが出来ません。一度、ここの焼き肉のたれを試してみてください。肉以外にもおいしいホルモンも購入することが出来ます。ここのホルモンを知ってしまうと他のホルモンが食べられません。乾燥していてぱさぱさに感じてしまうからです。ここのホルモンは、みずみずしくてとてもジューシーなのが特徴です。

上の写真も但馬牛の販売店です。「はまだ」は、自分の所で牧場を経営していて質の良い但馬牛を多く飼育します。販売しているのも但馬牛だけなのですが、但馬牛を利用したコロッケなども販売しています。新温泉では農協が運営しているお店よりも遙かに古くから但馬牛1本で営業しています。また、「はまだ」は、牛肉の販売店だけではなく、別の場所でステーキ店(焼き肉店かな?)を運営しています。焼き肉を食べに来るお客さんも多いのですが、300gだったかな〜ステーキを食べたときには、本当に最高でした。A5ランクの但馬牛ステーキが5000円程度で食べられるんです。神戸牛として神戸で食べれば10,000円はくだらないと思います。

上の写真は、但馬牛レストラン「楓」です。田舎にどこにでもあるようなお店ですが、一度、訪れれば二度と離れることは出来ない絶賛もののお店です。良くこの「楓」に来る他府県のお客さんが言っているのですが、「田舎のステーキ店なんで味は全く期待せずにお店に入ったのですが、実際に食べてみるとこれが「ばかうま!」という声を良く聞きます。但馬牛はA5 ランク以上のものを神戸に持って行くと神戸牛になるそうなのですが、同じA5ランクでも但馬牛と神戸牛では全くお値段が違います。「楓」で扱われているのはあくまでも但馬牛なので同じA5ランクの神戸牛よりもかなりリーズナブルなお値段でいただくことが出来ます。私たち家族も何かと理由をつけては、「楓」をよく利用しています。子供の七五三から誕生、結婚記念日に父の日、母の日などと色々利用させていただいています。とにかくリーズナブルでおいしいお店ですので、ゆむら温泉にいらした際には一度、寄られてはいかがでしょうか?


関連ページ

2018.06.23〜2018.07.02
多くの体の不調を抱えている私には、水素水はなくてはならない大変貴重なものです。多くの人にこの水素水の本来のすごさをわかっていただきたくてHPを開設しました。

 
早く効果を実感したい方 安く長く飲み続けたい方 おいしい水素水を飲みたい方 安全な安定した水素水 水素水を持ち運びたい方