水素水は健康・美容・ダイエットにと大活躍!!

2017年は、国土交通省です。

2017年は、兵庫県に帰ってきました。国土交通省 近畿地方整備局 姫路河川国道事務所 小野出張所で加古川の工事管理を行っています。

 

この写真は、工事現場が9つほどあるうちの1つの現場で大型連節ブロックの材料検査を行っている状況です。毎日のようにこのような現場検査を行い、事務所では、朝早くから夜遅くまで現場から上がってくる書類のチェックに追われています。

 

去年までの県の工事に比べると目が回るほど忙しい毎日を送っています。

 

今年、59歳の私は、多くの仕事量を熟さなければならないのですが、記憶力の低下をもろに感じています。一回に多くの仕事を言いつけられると最初に言いつけられたことが右の耳から入って左の耳から出て行っているようなのです。頭の中に残っていません。また、ちょっと前に行った仕事が記憶の中に残っていません。

 

そういえば、ここ1〜2年特に感じることなのですが、テレビに出てくる俳優さんの名前が出てきません。顔はわかるのですが、その人の名前が全く出てこないようになってしまいました。また、言葉が出てこないのです。事務所の人に専門的なアドバイスを行いたいのですが、専門用語が出てこなくなりました。事務所の職員さんにもかなりご迷惑をおかけしているようです。

 

こういった忙しい現場には、私のような年寄りではなく、若い人材が必要なのでしょうね。何でもどんどん吸収できる20代の若者を現場技術業務を行う専門の人間に育て上げればそれが一番のようです。

 

現場技術業務というのは、特に国土交通省は大変なのですが、若い人にとってみれば、十分、魅力的な給料を得ることができると思います。私のような老体でも55万円の給料を得ることができます。手取りにすれば、47〜48万円といったところでしょうか?20代の人にとっては、普通に働いてとってもいただける金額ではないと思います。

 

よし!やってやろうと思われる方がいれば、挑戦されてはいかがですか?


今はこんな仕事をしています。

上の写真は、ちょっと専門的で、加古川の堤防を築造しているところの写真なのですが、その堤防が十分に踏み固められていて堤防としての機能が保たれているかどうかを確認するための現場密度試験というものを行っている写真です。

 

左側のカメラ目線で移っているのが私です。私たちの仕事にも最後に検査というものがあるのですが、その検査時に仕事を行っている証拠写真というものが必要になります。そこに私が移っていると言うことが確認できるようにわざとカメラ目線で写真に入っています。醜い顔をさらしていて申し訳ないのですが、仕事だと思って大目に見てください。

 

この写真を見ていると、「なんて楽な仕事なんだろう」と思われるかもしれませんが、本当の仕事は、ここから事務所に帰ってからが大変なんです。現在、小野出張所管内で動いている現場は、9つほどあります。そのうち6月〜10月いっぱいまでは、出水期間といって河川工事を行ってはならない期間になりますが、それに該当しない現場が、4つほどあります。それに加えて6月いっぱいで完成検査を迎える現場が2つ、変更を行う現場が3つほどありますので、事務所での作業は、それこそ終わりがないほど忙しいというのが現状です。

 

出水期間を迎えたら現場がストップになって少しは楽になると思っていたのですが、全くそのような様子はありません。毎日毎日、忙しい日々を送っています。

 

しかし、すべての出張所がそうかを言うとそうでもありません。姫路河川国道事務所管内に4つほど出張所があるのですが、多くの仕事を抱えているのは小野出張所だけです。そのほかの出張所は、全く現場のない出張所もありますし、動いていても2〜3現場程度というのが現状です。

 

私のような国土交通省の現場技術業務を行うのが初めてな59歳のおじさんにとっては、とても大変なところに回されたと思っています。何しろ初めてなので、業務内容が全くわかっていません。やることなすことすべて職員さんに教えてもらわなければできないのが現状です。周りの多くの人に迷惑をかけながら毎日仕事を熟しています。それに加えて記憶力の低下がさらに仕事がわからないことに拍車をかけています。私のような年寄りがやっていけるような仕事ではないことがよくわかりましたので、若い人に後を譲りたいのですが、手を上げてくださる方はいないでしょうか?

 

誰か挑戦してみたいという方、是非、ご連絡ください。給料は、確かに良いですよ!!



 
早く効果を実感したい方 安く長く飲み続けたい方 おいしい水素水を飲みたい方 安全な安定した水素水 水素水を持ち運びたい方